忍者ブログ

自転車屋ブログ

今治市で営業中の日浅自転車のブログです。 営業時間9:00~19:00   毎週木曜日定休 店舗HP http://hiasacycle.jp/  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

外装6段変速はやめましょう

通勤・通学用等に使われる軽快車・シティ車(スポーツ車と区別して一般車と呼ばれています)には変速機が付いている物もありますが、大雑把に変速器には2種類あります。


一つ目がこういった感じの、車軸の中に変速機が収まっている内装3段変速。


もう一つがこういった外にギア板や変速機が付いている外装6段変速。

さて、
3段より6段の方が数が多いので、何となく外装6段の方が良い物みたいに思っている方が結構居られますが、

正直言って外装タイプは普段使いにはデリケート過ぎて使い物になりません

雨ざらしにしないように保管して、雨のあと走ったなら水や泥を拭いて落として、適度に注油と掃除をして・・・
という方ならさほど問題ありませんが、毎日駅まで乗って行って置いておくような自転車にここまでするという方、いらっしゃいますか?


繰り返しますが外装6段の一般車は使い物になりません



踏んだ時に軽い感じなのは認めます。

新しければ。

それで長持ちするならここまで酷評しません。
普通の人が数か月~1年程度普通に使うとこのようになります。↴

チェーンの他に写っている歯車はそれぞれボスフリー(大きい方)・プーリー(小さい方)という部品です。

新品と比べて使用後の物は随分削れているのが分かるかと思います。
恐らく柔らかい鋼材を使っているせいと考えていますが、
ちょっと良いスポーツ車等に付いている外装8段以上の変速機と比べて圧倒的に摩耗が速い。



ここまででも厄介なのに、もう一つ問題があるのです。

 
これは故障した外装6段の後輪から抜き出した車軸です。
明らかに曲がっているのがお分かりいただけるかと思います。
元々は当然ですが真っ直ぐでないと車輪がうまく回りません。
では何故こんな風に曲がってしまうのか?
それを示したのが下の図です。
 

雑な絵で申し訳ありませんが、だいたいこういう感じ。
点線で描いているのが車輪の真ん中にある部品→ハブ。
ハブ空港とか聞いたことあるでしょうか?

カセット式というのがある程度以上のスポーツ車に使われる構造のハブ、
ボス式というのが外装6段変速をはじめとした安めの自転車に使われるハブの方式です。
絵は多少デフォルメしていますが、カセット式と比べてボス式は概ね2~3cmほど真ん中に寄ったあたりに踏んだ時の力が掛かってしまうのです。
内装3段変速・変速なしの車軸はカセット式と同じような場所にベアリングが位置するため、ボス式と比べてずっと曲がりにくくなっています。

なお、これは構造上の問題なので避ける術はありません。



・・・長々と読みにくい文章を書いてまいりましたが、要するに
①外装6段の自転車は壊れやすい
②タイヤの寿命まで使ったあたりでギア板・チェーン・変速機・車軸まで故障している確率がほぼ100%なので修理費がかさむ。
③直したところで同程度の距離を走った後は同じように損耗している・・・


いかがでしょう?

これでもまだ、わざわざこんな自転車を買いますか?

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R