忍者ブログ

自転車屋ブログ

今治市で営業中の日浅自転車のブログです。 営業時間9:00~19:00   毎週木曜日定休 店舗HP http://hiasacycle.jp/  

要注意



これ、何だか分かります?
これは後輪のリング型のカギのアップです。

すぐ横のスポークが『く』の字に曲がっているのがお分かりいただけると思います。
なんでこんなことになるかというと、カギを開けずにスタンドを跳ね上げてるんですね。
自転車の重さ+荷物、場合によっては人間が乗ったままスタンドを上げてしまうことも・・・

スポークはほんの直径2mmほどの針金で、引っ張る力には相当耐えるのですが、
横からの力にはとても弱く、簡単に曲がったり折れたりしてしまいます。

無駄に自転車を壊さないためにも、必ずカギを開けてからスタンドを上げてくださいね。
PR

摩耗したギア板②

削れて滑るようになったギア板第2段です。



一番小さい歯がとがって針みたいになっているのが良く分かるかと思います。

以前の8段ギアは一枚だけ取り換えれば済むのですが、今回のような6・7段タイプのギアは構造が違うことが多く、全部のギア板を取り換えるようになります。
部品自体は比較的安価なのですが、なんだか勿体ない感じもいたしますね・・・

重いギアばかりを踏み続けるとわりあい早くに画像のような状態になってしまい、踏めなくなってしまうので出来るかぎりギアはこまめに変えながら走ることをおすすめします。

お詫び

胃潰瘍による出血のため緊急に入院することとなりました。

数日~1週間の入院が必要とのことですので、その間営業をお休みさせていただきます。


切れたスポーク①



お久しぶりでございます。
特に休むわけでもなく普通に営業しております(汗)。

さて、今回はスポーク。
写真一番上が破損品なのですが・・・
下の2本と比べてかなり太いのがお分かりいただけるでしょうか?

このスポークは数年前から一部のメーカー車で採用されるようになった12番(直径2.6mm)のスポークです。
その下は13番(2.3mm)、14番(2.0mm)と続きます。
従来品は前輪に14番・後輪に13番が使用されていましたが、
学生さんが通学に使用した場合、

もうとにかく折れる!折れまくる!(主に後輪が)

メーカー品であるとかそういったことは一切関係なくボキボキ折れていました。
明らかに使用時の負荷に対して強度が足りていないのだと思います。
12番が使われるようになってからはだいぶスポーク折れは減ったように感じていましたが、それでも折れないわけではなく、これはもうイタチごっこなのだと考えております・・・

とりあえず学生の皆さんへ
①空気をちゃんと入れる(思いっきり握っても凹まないくらい)
②荷物は前と後ろに分けて積む
③段差を越える時は腰を浮かせる
④スタンドを上げて地面におろす前に必ずカギを開ける

以上を守って乗ってみてください。きっと故障が激減するはずです。

カゴの補強


なにやら凄いたくさん荷物を積むという高校生のお子さんの自転車の修理依頼。

カゴがやたら曲がって折れるとのことで、どのくらいのを積んでるんですか?と聞いてみて、
渡された鞄を持たせてもらってビックリ。
そりゃーカゴも抜けますわ・・・

てことで店にある番線の一番太いカゴに替えましたが、
以前の記事にも書いたとおり、重い荷物を入れているとランプ掛けと呼ばれる金具が折れてしまうのですね。
皆さんの家にカゴの付いた自転車があるなら、試しにカゴの手前のフチに手をのせて体重をかけてみてください。
上下に1cm近くウネウネ動くと思います。このしなり(あるいは状況によってはもっと大きな)が繰り返され、最終的に金具が折れてしまうのです。

で、今回は子供用自転車の前かご金具を追加してみました。
200円くらいの安価な金具ですが、カゴが前後(上下)に動くのをカッチリと止めてくれる役割を果たします。
かなり効果があると考えているのですが、今後どうなるか様子を見てみたいと思います。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R