忍者ブログ

自転車屋ブログ

今治市で営業中の日浅自転車のブログです。 営業時間9:00~19:00   毎週木曜日定休 店舗HP http://hiasacycle.jp/  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

摩耗したギア板①

チェーン交換の際に、多段変速のスポーツ車ではよくあることですが、
新しいチェーンにしたせいで踏んだ時にズルッと滑るような感じになることがあります。

たいていの場合、下の写真のようにギアの歯が痩せ細ってしまっていることが原因になります。
チェーンが刃先に引っかからずに、乗り越えてしまうんですね。
古いチェーンは不思議と絶妙のバランスで引っ掛かって、飛ばないことが結構あったりして(左右方向はガタガタなのでまともに変速しないことががほとんどですが…って、だからこそチェーン交換するんですけどね)



左が新品、右が古いもの。
見るからに刃先が三角形になってしまっていますね。

8段用スプロケットの一番小さなギア板なんですが
あんまり変速せずに重いギアばっかり使ってると、
思いのほか早くにこんな状態になってしまいます。

また、後ろに合わせて前のギア板が減ってることもありますので
なんか調子悪いな~って方は一度ギアの刃先を確認してみてくださいね。
PR

破損した後ろブレーキ①



ブリヂストンの自転車によく使われている(いた?)ダイネックスブレーキという
後輪用のブレーキ体です。中身が折れてしまっていますね。

安いママチャリ等によく使われているバンドブレーキ↓

とよく似ていますが、ブレーキのバンドの部分が内外で逆になっています。
バンドブレーキは外から締め付け、ダイネックスは
内側から押し付けるような感じで動きます。

ダイネックスはドラムの中にバンドが収まる構造のため、水やほこりが侵入しづらく
キー!!!という音鳴りが発生しにくくなっています。
バンドの方は・・・(;^_^A
もうお分かりでしょうが街中でけたたましい金属音をたてまくっているタイプのブレーキです。

どちらのブレーキもバンドと一体になっている金属板がバネになって、
元にもどろうとする構造なので、冒頭の写真のように割れてしまうと
元に戻らなくなってしまします。

とはいえ、バンドのほうが切れるのは時々見るんですが、
バネの方が割れるのは珍しかったりして・・・


ちなみにこのダイネックスブレーキ、今はもう生産終了してしまっているようです。
高級な軽快車はほとんどローラーブレーキになっているから仕方ないんだろうけれど・・・
(キーキーやかましい)バンドの方はなくなる気配すらないのに残念です。
憎まれっ子世にはばかる・・・?

ふとーい自転車


流行り(都会のほうで)のファットバイク入荷しております。

雪も降らない瀬戸内では実用性は?ですが、
この存在感はちょっと他にありません。


太さなんと4インチ!(英式バルブなのがちょっと不思議です)

速い軽いロードバイクばかり持て囃される昨今、
こういったのんびりゆっくり走る自転車もいいんじゃないでしょうか?
圧を少し下げると実にフワフワした乗り心地が味わえます。

是非店頭にてご覧ください。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

実は4日から開けております^^
整備・修理、なんでもおまかせください。

捩じ切れたハブ①

変わった故障品が舞い込んできました。



電動三輪車の後輪ハブ(駆動軸側)なのですが、
見事に捩じ切れてしまっています。
やはり大重量車を結構なパワーで駆動するために大きな負荷が掛かるのでしょう。

車輪の状態でなら問題なく外せるんですが、
スポークも飛んでしまっていて、このハブを駆動軸から外すのは難儀しました(;^_^A
最終的に残ってるフランジ部分を万力にはさんでどうにか回しましたが・・・

んでもって同型のハブをYAMAHAから取り寄せ。
YAMAHAは補修部品がイラスト・在庫状況付きで調べられるのでやりやすいです。
・・・ところがなんとスポーク(145mm)が欠品(;´Д`)

持ってて良かったスポークねじ切り機。
車輪組みなおしてどうにか復活~

んー、それにしても16インチの子供車でも28Hが一般的なのに
なんで20Hなんての使ってたんだろう・・・?

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R